Monthly Archives: 3月 2015

慢性閉塞性肺疾患と疑うべき症状

タバコを吸う人に多い病気としてCOPD(慢性閉塞性肺疾患)があります。これは肺気腫や慢性気管支炎などで気道が閉塞して肺に空気が流れ込みにくくなるという病気です。外因性と内因性のものがあり、外因性のものでは大気汚染や粉じん […]

喫煙とCOPDの関係

COPDは進行すると呼吸不全や心不全などを、命を落とす事もある病気です。 原因の90%以上は喫煙で、タバコを吸うことで気管支に炎症が起こり、やがて肺胞が破壊されるようになります。体を動かすと息切れを感じたり、風邪をひいて […]

煙草の満足感を防ぐチャンピックス

煙草を吸うと満足感を得られるのは、ニコチンの作用によるものです。脳内のレセプターと結び付く事により、快感を生じさせるドーパミンという物質が放出されます。このために、一時的なリラックス効果を得る事が出来るのですが、ニコチン […]