禁煙して一ヶ月経過すると

禁煙をしてから一ヶ月経過するとどのようになるのでしょうか。
まず禁煙して直後であればそれほど変化が感じられませんしイライラするだけですが一ヶ月も続けていればかなり色々な事に関する感じ方が違ってきます。
まず食べ物の味が変化します。
甘い物や辛い物や塩辛いものがさらに強く感じられるのです。これは元々タバコの影響で舌が鈍感であったのが正常に戻ったからなのです。
これにより薄味が好きになり健康にもメリットが出ます。
他にも朝の目覚めが良くなるというのも一ヶ月経過すればあることです。
頭がすっきりするため朝から気持ちよく仕事ができるようになります、さらに日中も体がシャキッとして体がだるいという症状もなくなります。
体が軽くなったことで仕事も趣味もより楽しめるようになるのです。
あと精神的な効果も一ヶ月経過することで出てきます。
例えば普段話をしない人とは話すようになるものです、これは喫煙していた時は喫煙室に入り、タバコを吸う人とだけ話をしていたのが、禁煙してからは喫煙室に入る必要が無いため非喫煙者の方とも話せるようになるためです。
これで交流関係も広くなり楽しくなります。
逆に困ったことはないのでしょうか。
離脱症状が出ることがデメリットと言えます。
これは人によって違いがありますが眠気が出る方が多いのです。
しかしこれもさらに禁煙日数が経過することによって解消されます。
ここでまた吸ってしまいますと振出に戻りせっかく得られたメリットがなくなってしまうので頑張って続けましょう。
一ヶ月のたばこをやめられれば後はその状態を保持するだけですので完全な禁煙の成功は目の前です。もうすでにかなりの辛さを乗り越えた状態ですので頑張れるでしょう。」