チャンピックスによる禁煙でCOPDを防ぐ

禁煙をする人の中には禁煙外来を利用して行う人もいます。
禁煙外来は、お医者さんのアドバイスや禁煙補助剤を利用して一定の期間で禁煙が出来るようにしていく方法で利用する診療科です。

禁煙外来の中には、チャンピックスと呼ばれる薬を利用し、身体がニコチンを受け付けないようにしていく事で、3ヶ月ほどの期間で禁煙を成功させることが出来ると言われているのです。

尚、チャンピックスには治療薬による副作用と、脱ニコチンによる副作用が生じる事が有ると言いますが、その副作用の症状と言うのは、吐き気、頭痛な度の症状が出るケースが多く在ると言います。
また、不眠や変な夢を見る事、日中睡魔に襲われることが在るなどの副作用が生じる事があり、車の運転は極力控える必要が有ると言います。

また、チャンピックスを利用して禁煙を行う事で、

ニコチン切れにより、イライラ感、肥満などの症状が起きる事も有ると言いますが、これらの症状に対しては何らかの方法で解決が可能になると言います。

煙草の害と言うのは、メディアの中などでも取り上げられているなど、肺ガンへのリスクが高くなるものであり、煙草に含まれる有害な物質は肺ガンへのリスクを高めてしまうのだと言います。

中でも煙草の害は肺組織を破壊すると言う恐ろしい結果を招くことになるのです。
ちょっと一服と言う行為が、肺の組織を破壊していくのだと言います。
また、この肺の組織破壊により、慢性閉塞性肺疾患とも言われているCOPDに繋がるのです。
慢性閉塞性肺疾患は呼吸困難を感じ症状が特徴であり、この症状が出る事で肺の組織は6割から7割ほどが破壊されていると言います。

尚、喫煙年数が長くなるほど、慢性閉塞性肺疾患のリスクは高くなり、喫煙を開始してから30年から40年後には呼吸困難な状態になるケースが多いと言われているのです。